休日は小海線に乗ろう

八ヶ岳南麓での庭作り、田舎生活、地域情報などをお届けします。

野菜のかたちⅡ 

*
前回、親戚の子が甲子園に出場したことをお話ししましたが、また大勝してしまい準々決勝へ進むことになりました。直ぐに負けて終わりかと思ってましたが、ちょっとびっくりです。毎回応援団の叔母さんの体力とお財布も心配なところです。ここまで来たら、まさかを狙って欲しいものです。

今年の異常気象は一向に収まりません。野菜は長雨と日照不足で生育不良に陥っています。世間では野菜の高騰でお困りのようですが、自分で作っていればそんなことはありません。食べきれない量が採れています。ところが、畑にイノシシが侵入して、スイカとカボチャを強奪された上に、サツマイモを滅茶苦茶にされてしまいました。ちょうど食べ頃となろうとしていたスイカが露と消えました。このところ、シカもイノシシも少なくなってきていたので油断してました。野菜は食べ飽きてきたので、良質の蛋白源も調達したいところです。

EM03111.jpg
巨大なピーマンのパプリカです この後色付きます ピーマンも放っておけば赤くなります

EM03112.jpg
サツマイモのツルです 幼い頃の芋堀の思い出がおありでは 憎きイノシシの餌食になりました

EM03114.jpg
カボチャの花です 子房が既に丸くなっています これがカボチャに成長します

EM03115.jpg
ぶら下がっているのがインゲン豆です インゲンには沢山の種類があります

EM03118.jpg
沖縄名物ゴーヤチャンプルのゴーヤです 緑のカーテンでもお馴染ですね

EM03119.jpg
オクラです 暑さが厳しくならないと成長が始まりません 綺麗な花が咲きます

(こあらまMでした)


スポンサーサイト

[edit]

トラマルハナバチとエゾゼミ 

*
折角のお盆休みも愚図ついた天気が続いています。今日も朝からずっと雨です。今年は何時もの梅雨の時期に梅雨がなく、この時期になってしまったのでしょうか。先日、甲子園の高校野球が始まりましたが、孫の出場が決まって大騒ぎをしている叔母がいるので、そのチームの観戦だけはしています。初戦で先制のホームランをかっ飛ばしてくれたので、親戚一同大喜びで、叔母の冥土の土産になったのではないかと・・・。勝ってしまったので、さらに観戦は続きます。

さて、今回は昆虫シリーズです。虫がお嫌いな方には罪なシリーズですが、花に集まる虫たちは、植物たち大切なパートナーです。虫が少ない年は、実物の野菜は不作と決まっています。マルハナバチは特に大切な受粉昆虫です。ミツバチの仲間で、花の蜜と花粉が主食です。獰猛で強毒のスズメバチやアシナガバチに比べれば温和なもので、刺されたことはありません。ミツバチの仲間ですから、毒も弱いはずだと勝手に思い込んでいますが、どうなのでしょうか。自然の中で暮らしていると、蜂に刺されることもしばしば。スズメバチやアシナガバチには何度も刺されていますが、こちらは強力ですからくれぐれもご注意を。

EM03058.jpg
ジギタリスに来たトラ縞模様のトラマルハナバチです 丸々していますがミツバチの仲間です

EM03072.jpg
スミゾメハキリバチではないかと思いますが、よく分かりません お腹の黄色は花粉です 花はシモツケです

EM03088.jpg
蝦夷とついても南方系のエゾゼミです コエゾゼミとよく似ていますが、こちらは正真正銘の北方系のセミです

(こあらまMでした)


[edit]

野菜のかたちⅠ 

*
今年の夏は暑さに加えて湿気もあり、毎日蒸し暑さが続きたまりませんね。冷房などありませんから、下界のクーラーの効いた部屋にいた方が快適かもしれません。ただ、電気が不足したらどうなるのでしょうね。窓の開かないオフィスビルはサウナで使い物にならないでしょう。夏には山に疎開して野菜でも作って、自給自足の生活でもしてみますか。

そんなわけで、今回は野菜がテーマです。スーパーに並んだ野菜は知っていても、その植物がどんな姿をしているかは意外と知られていないものです。そりゃそうですよね。近所に畑でもあれば話は別ですが、自分で作ってでもいなければ知る由もありません。そこで、収穫物ではなく、植物本体にもスポットを当ててみることにします。

EM03101.jpg
この笹のような植物はミョウガです 株の地下茎から出る花芽を摘んで食べます

EM03104.jpg
スパゲッティなどに欠かせないバジルで、葉を摘みます

EM03105.jpg
小さな実が見えますが、ピーマンとシシトウです 姿は見分けがつかないくらい似ています

EM03106.jpg
葉を天ぷらにすると絶品のニンジンです 何で店先のニンジンには葉がないのでしょうね

EM03107.jpg
真ん中に実が見えていますね スイカです イノシシの大好物ですから乱入が心配です

EM03108.jpg
花も食べられるズッキーニです 実を放っておくとヘチマくらいにはなってしまいます

(こあらまMでした)


[edit]

暑い夏にはこねないパン 

*
最近知った「こねないパン」を作ってみました。いつもの「こねるパン」は、生地を‘こねて、たたいて’大変ですが、ストレス解消にもなって好きです。ただ、暑い時にはちょっとね・・・。
まずは、キャラウェイシードを入れて焼いてみました。このパンは30数年前(ギョ!)に初めて食べてからお気に入りです。売っているのをあまり見かけません。まあまあのができたので、ブルーベリーとグラハム粉を入れたのも作りました。ブルーベリーは今年も我が家の庭で山ほど採れたもの。ジャムも入っています。

EM03093.jpg
キャラウェイシードパンの焼き上がり

EM03098.jpg
まずまずの出来上がりです 食べるとキャラウェイシードの香りが漂います

EM03099.jpg
こちらはブルーベリー入り グラハム粉が入っているので、あまり膨らみません

EM03102.jpg
ブルーベリーが偏ってしまいました

(こあらまFでした)


[edit]

モンシロチョウとキタテハ 

*
梅雨明けしてから急に雨が多くなりました。今日も夕方から雷雨で、まだ降り続いています。庭も草花も畑の野菜も息を吹き返しましたが、雑草もです。すごい勢いで成長を始めました。春先の柔らかい草と違って、夏草は硬くて根の張りも強固です。刈払いにも時間と労力とガソリンが余計に掛かります。日が出ると、暑くて朝夕しか外作業は出来ません。雨上がりは蒸し暑くてたまりません。第三のピールが美味い時期ですが、スーパーの価格が上がって、悲しいかな自粛気味。暑くて世知辛い夏が続きます。
今回はそんな蒸し暑さが続く中、爽やか系の蝶の写真を2作ばかり。どちらも、何所にでもいる普通の蝶です。ただし、モンシロチョウはキャベツなどの害虫ですから、ちょっとご遠慮いただきたいところです。そういえば、よく見かけていたオオムラサキの姿を見なくなりました。

EM03071.jpg
セントーレアのモンシロチョウ

EM03092.jpg
ストケシアのキタテハ

(こあらまMでした)


[edit]