休日は小海線に乗ろう

八ヶ岳南麓での庭作り、田舎生活、地域情報などをお届けします。

寒いほどお得フェア2017 最終回 ビーンズの巻  

*
いやいや、またしても更新が遅れてしまいましたが、寒得の最終回です。日本人が大好きな食べ物であるカレーとトンカツを合体したのがカツカレーですね。思い浮かべただけで食欲が湧いてきます。ということで、最後は小淵沢の道の駅の中にあるビーンズのカツカレーで締めたいと思います。
この店はセルフサービスで、スキー場にあるレストランのような感じです。結構な人の入りで、待たされた挙句にありつけたのがこのカツカレーです。普段外食をあまりしないので、世間一般の価格とボリュームの関係がよく分かりませんが、なかなかダイエットには御誂え向きのヘルシーなカツカレーです。某スパーでは200g以上ある厚切りロースが200円だよな、何て考えてはいけません。カレーの方もご覧の通り消化に良さそうですから、男性ならおやつ程度に考えておけば問題はなさそうです。

さてさて、あくまで個人的な見解ですが、お得というのは、何時ものメニューが安くなるというのが原則のように思いますが、今年の寒得では、ちょっと基本がズレてきたのではと感じています。そのため、来年以降はこのシリーズはなくなるかもしれません。

EM02363.jpg
ビーンズの入口です まず食券を定価で買います

EM02356.jpg
もちろん50%OFFの日です.

EM02357.jpg
こちらがカツカレーで、サラダとスープが付きます

EM02358.jpg
生姜焼き用程の厚さの肉でしょうか

EM02359.jpg
割引きはキャッシュです

EM02362.jpg
店の中はこんな感じです

(こあらまMでした)


スポンサーサイト

[edit]

寒いほどお得フェア2017 ヒッコリーファーム巻  

*
今年の寒得は2月末で終了していますが、ご参考までにもう二軒だけご紹介しておきます。まずは、ハンバーグ編です。「清里の森」にある、ルミエールの煮込みハンバーグを目当てに出かけてみましたが、店先で耳にした帰りのお客さんの会話が気になって、急遽お隣のヒッコリーファームの信州牛の包み焼きハンバーグに変更してみました。味、ボリュームともにまずまずでした。ただ、ルミエールの方もやっぱり気になります。実は、これまで巡った店で、清里のハンバーグが美味しいということを聞いていたので行ってみたわけですが、外観だけですが結果はご覧の通りです。確かに、寒い時の熱々のハンバーグも旨いものです。

EM02331.jpg
ルミエールです

EM02330.jpg
ここの「煮込みハンバーグ」が第一志望だったのですが.

EM02332.jpg
隣のヒッコリーファームです 貸店舗なのか作りは同じです

EM02333.jpg
もちろん50%OFFです

EM02336.jpg
店の中の装飾です

EM02337.jpg
小さな売店もあります

EM02338.jpg
鉄板焼きがメインのお店です

EM02339.jpg
ホイルの包み焼です

EM02341.jpg
ホイルを切り開くとハンバーグが現れます

EM02342.jpg
ガーリックフランスが美味でした

(こあらまMでした)


[edit]

寒いほどお得フェア2017 そば処おっこと亭の巻  

*
「おっこと」とは、この店のある長野県諏訪郡富士見町の「乙事」という地名です。この地域も冷涼なやせた土地であったため、古くからそばの栽培が盛んです。そのそば文化を継承する目的で、地元自治体により建てられたのが、このおっこと亭です。広い敷地に、そば処、農産物直売所、そば道場などの建物が並んでいます。民間とは違って、いかにも公設といった感じの広い立派な施設です。
この寒得フェアは山梨県北杜市で始まりましたが、長野県の富士見町、原村の店も参加するようになりました。県境を越えた企画になっていますが、そもそもこの一帯は同じ八ヶ岳南麓の高原観光地域として協調し合ってきた仲ですので、自然な流れといえます。
さて、ここの寒得のメニューは「ざるそば大盛 + 天ぷら」となります。大抵そばの盛りは物足りないものですが、この大盛りはそこそこ満足のいくものでした。肝心のそばの風味と喉越しはといいますと、それはお好みですから、お試しになってみてください。

EM02311.jpg
店の全景です 前には広い庭が広がっています

EM02316.jpg
お目当ての寒得メニューです そば寒天のサービスがありました

EM02315.jpg
そばの盛りが嬉しいです

EM02319.jpg
店の前にある農産物直売所です

EM02320.jpg
そば打ち体験ができるそば道場もあります

EM02322.jpg
おやおや、もう売り切れですか お早めにどうぞ

(こあらまMでした)


[edit]

山梨県立八ヶ岳スケートセンター 

*
このスケートセンターは小淵沢のアウトレットのすぐ傍にあるのですが、何となく地味な感じの施設なので、かえって気になっていました。先日ちょっと時間があったので、見学させてもらって、その正体を確かめてきました。殺風景な施設の中に入ると、競技用のオーバルリンクが在りました。そうです、ここはスピードスケートの練習場だったんです。都会の街中や遊園地にあるような、お遊びのスケートリンクではありませんでした。数人が練習してましたが、カッコいいですね。もちろん誰でも大人¥810で滑ることが出来ますが、フィギュアのスケート靴でよたよた滑るようなところではなさそうです。寒冷地にはこんな施設があるんですね。ただ、この冬の営業は2月12日で終わっていますので、お間違え無く。

EM02329.jpg
山梨県八ヶ岳スケートセンターの入口です

EM02328.jpg
お遊びの場所の雰囲気ではありません

EM02325.jpg
一応、片隅に初心者用の補助具が見えます

EM02323.jpg
競技用のオーバルリンクです

EM02324.jpg
きっちり製氷されています

EM02327.jpg
コーナーリングの練習でしょうか

(こあらまMでした)


[edit]

寒いほどお得フェア2017 清泉寮の巻  

*
清里と言えば清泉寮、清泉寮と言えばソフトクリームではないでしょうか。ジャージー牛の脂肪分の高い牛乳から作られる、クリーミーな「清泉寮ソフトクリーム」です。
このソフトクリームは一年中大人気です。冬の清泉寮は一面の銀世界ですが、多くの観光客が訪れていました。皆さんソフトクリームを賞味しながら、雪景色を楽しんでいます。背後には八ヶ岳、牧場の向こうには秩父山塊の山々や富士山の絶景が広がります。
清里は、夏休みの避暑地として有名ですが、ビンビンに冷える真冬の寒さを体験されるのも、また一興ではないでしょうか。

EM02348.jpg
清泉寮の「X」は、アンデレクロス(聖アンデレの十字架)を意味します

EM02349.jpg
凄いつららです 下を歩きたくないですね

EM02350.jpg
売店「ジャージーハット」に向かいます

EM02345.jpg
何時の間にかデッキに足湯が出来ていました

EM02353.jpg
もちろん寒得50%OFFです

EM02354.jpg
こちらが本日のお目当ての「清泉寮ソフトクリーム」です

(こあらまMでした)


[edit]